お問い合わせ・質問はこちらから
ADHDについて

僕が思うADHDの目指すべきところ

ADHDについて
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

みなさんは、

自分の目指す場所、

目的、目標、方向性、

そういったものがあるだろうか。

きっとADHDの有無に関わらずある人も無い人もいる事だと思う。

まあそんな事は放っておいて僕は

ある側であると言っておく。

いろんな考えが出来るとは思うのだが、

僕の場合物事への好き嫌いがはっきりしていて

それは好きだからずっと出来る!とか

これは苦手だなあというものが存在する。

まずは、僕が幸せについて考えるきっかけになったあることを少し語ろうと思う。

僕にとっての幸せ

この世界には本当に沢山、やろうとすれば出来る事は沢山あって

出来ればその中でもやりたいという

夢というか野望みたいなもの

僕には幾つかある。

僕はきっとその夢だとか野望みたいな

青少年の心がもつもの

ずっと取りつかれているのかもしれない。

でも、これもずっと持っていたわけじゃない。

実は1度失いかけたものだ。

その時僕は大学生活に他にもやる事が沢山あって忙しくて、

就活も控えていた。

日々は毎日駆け抜ける一方、未来はどこへ向かっているのか

分からない、そんな毎日だった。

ある日に僕は何故人は生きるのだろう。なんの為?

と疑念を抱くようになった。

まあ話せば長いのだが、

ずばり答えを言ってしまおう。

僕が生きる理由は、

「僕がやりたい事を叶える為」

である。

僕は死ぬとき全部やりきったー!って最後を迎えたいし、

そこであれやっておけばよかったなあなんてやなのだ。

僕は知りたい事だって、知りたい人だって、まだまだ沢山ある。

それをやるまで僕は絶対に死ぬわけにいかないのだ。

それが僕の生きる目的であり、

それ自体が僕の幸せになったのである。

自分はこうしたいという欲求

ちょっと話し方飽きたので変えますね笑

よく現実をみろ!と人が言いますね。

僕はこれ、言葉自体は正しいと思うんすよ。

現実的に物事は考えなくちゃ

夢はユメのままですから笑

でも、現実的にお前に出来っこないって決めつけるやつ本当に嫌いです。

人間には「自分はこうしたいって欲求」があると思います。

例えば僕は起業してみたい!世界一周チャリで旅したい!とか。

1日ゲームしてたい。だらだらしたいもそうかもしれません。

ああいった欲求だって

現実的に無視できないほどの力持ってるわけじゃないですか笑

例えば、新ゲームの発売があるのに勉強しなさいと言われても

そりゃあ捗りませんよねえ。

そういう気持ちもしっかりみて

現実的に考えるべきだと

僕は思うんですよね。

つまり一般論に合わせているといつかズレが起きる。

そのズレは小さそうに見えて

実はデカかったりするものなのだと思います。

ADHDに共通して言えると思う事

皆さんは、

「本領発揮できる場所」と「本領発揮できない場所」があったら

どちらを選びますか。

間違いなく前者を選ぶと思います。

後者を選ぶメリットが僕には見当たりません。

僕は間違いなく前者を選びます。

本領発揮を出来ない場所でいくら努力しようと

そこで本領発揮できる人にはかないませんから。笑

これは、ADHDでも同じことが言えます。

私はちょっと〇〇が出来ない。

私は××がやりたいんだ!!

人とちょっと違うなと感じる事はあるあるだと思っています。

僕は苦手なフィールドで

戦わなくてもいいと思うのです。

きっと僕のやり方というものがあり、

他の人とは違うフィールドがある。

一般的なフィールドで戦えないと分かったなら

自分のフィールドで自分のやり方で

一般論と同じ目標に向かって

全力で戦ったほうがいい。

ゴールさえ合っていれば

過程なんて人それぞれなのが当たり前そうです。

自分のことは自分で考える。

自分のことは自分が1番よくわかる。

自分が1番やれると思った事を信じる。

これこそ真の意味での現実的な生き方で

ADHDが本領発揮される道なんじゃないかなあ

と思います。

皆さんは

自分の目的地をどう考えていますでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました