お問い合わせ・質問はこちらから
ADHDについて

[神回]ADHDが最初から持っている”幸せ”とは!?

ADHDについて
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

皆さんはADHDというワードに対して

どんなイメージを持っていますでしょうか!!

確かに名前は、

Attention-deficit hyperactivity disorder

とかっこいいのですが、(言いたいだけw)

まぁそれでもdisorder(障がい)扱いなので

悩んでいる方はかなり多く、

ADHDに対する思いは人それぞれなのではないでしょうか?

そこで今回は、

・ADHDの人は本当にデメリットしかないの??

・ADHDならではの何かが存在するんじゃないの??

という点から、

ADHDの人が最初から持つアドバンテージ

について語り、

ADHDの方は実はADHDで良かったんじゃないか?笑

って思ってもらえたらいいなと思います。

また下に紹介している記事では、

ADHDのメリットである過集中についてまとめているので

気になる方はこちらも見てみてください!

それでは行こう。

スポンサーリンク

幸せってなんだと思う?

…ちょっとあまり哲学チックにならないように気を付けます!!笑

皆さんにとっての幸せとは何ですか?

美味しいものを食べる。

友達との時間

恋人との時間

冬の羽毛布団の中 etc…

これは本当にもう人それぞれに沢山あるという

あるあるな話ですね笑

それでは、

逆に・・不幸とは何でしょうか?

あまりこっち側は考える事が少ないですが、

考えてみると意外と幸せの本質が見えるかもしれません。

この章の最後にもう一つだけ考えてもらいたい事があります。

人と分かりあえず、苦しい思いをした経験は

果たして不幸と言えるのでしょうか?

今回話したいのはそうゆう話です。

スポンサーリンク

ADHDならではの幸せに直結する要素って?

先ほどの質問は現時点では、

半分位に割れるでしょうか。

良いと思います。

人の数だけ考えがあるので

どちらが正しいとかではありませんから。

それではそれをさておき!

とりあえず、

ADHDが元から持っている幸せになりうる要素を書きだします。

要素は主に3つです!

1.苦難はイベントとしてみなせる

2.イベント事が増えやすい

3.友達に恵まれる

1.苦難はイベントとしてみなせる

僕はADHDの方に優しい人の割合が多いように感じます。

それは色んな経験に起因すると思いますが、

当人が色んなイベントを経験してきたおかげで

獲得できたものは多いはずです。

今回の記事の1つの鍵になるのは、

このイベントです。

ここでいう

イベントとは、

本人が経験する出来事の事を指します。成長の糧です。

例えば、ADHDの人に優しい人が多いのは

過去に人とぶつかってその人間関係について悩んだこと

が一つとして挙げられます。

他にも物事の飲み込みが遅い事は、

一歩立ち止まって自分の最適解を見つける事にも役立ちます。

しかし、このイベントが無ければどうなっているのでしょうか?

こうゆう事を考える機会そのものが無くなるわけです。

ここから言えるのは、

それがマイナスの出来事だったとしても

プラスの出来事だったとしても

経験する事が大事と言えますよね!

その時はマイナスの出来事でも、

結果的に見ればいつかその出来事を

本当の意味で理解する時が来るかもしれないわけです。

そう考えると、

苦難が多い事は必ずしも不幸であるとは言い切れないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2.イベント事が増えやすい

先ほどイベント事は多い方が良いと話しましたが、

それは楽しい事なら尚更いいわけですよね!

ここでADHDの知的探求心が光ります。

注意欠陥は、それだけ想像力に恵まれていて

色んな事に興味を持てるという事です。

つまり、その興味を持っている自分の心の声を聴いて

実際に行動していけるようになると、

それはまさに生きているぅぅ!!って感じる幸せなわけです。

夢は叶えなければ夢になっちゃうぜっ!

じゃないですが、

そもそも夢がないよりも

夢は多く、大きい方が人生幸せだと僕は思います。

ADHDにはその根底があるので、

後は実践していけるかどうかですね。

夢(Target)を夢(Dream)にしないように

自分の夢、やりたい事をはっきりさせて、

どんどん実践していきましょう。

ADHDの強味は、やりたい事の多さなのですから!!

結局、自分は何をしたいのか。なのだから。

スポンサーリンク

3.友達に恵まれる

最後はこれです。

僕の身の回りの友達は、

人が出来ているというか本当に凄い友達がとても多いと感じています。

それもそのはずで、

周りの人からしたらこいつ何やってんだ?

みたいな事を僕がしていても受け入れられるだけの心の広さがあるからです。

僕としてはやることに悪気はないので

自分の信じる事は曲げるつもりはないですが、

残ってくれているというのは、

本当にまぁありがたい事やなと感じます笑

まぁそんな人たちなので、

人として尊敬できる友達がとても多く、

良い友達に恵まれているなぁと常々感じております。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか!

なんか今回は書きたい事が上手くかけた気がして嬉しいので

ここで終わりにします!

皆さんも参考になりましたでしょうか?

確かにADHDの大変なところもあるのは承知ですが、

こんなにもいい面があるという事を知って頂けたらいいなと思います!

あざした

タイトルとURLをコピーしました